「eat」vs「have」

『eat』と『have』の違いとは? ゼロから英語学習!!

 

 

どうも!!

とらきちです!!

今日は日本語で「食べる」を意味する言葉の『eat』と『have』の違いについてお話しして行こうと思います。

 

eat と have、どちらも「食べる」って意味がある言葉ですが実際に違いがなんなのか?って言うのはご存知の方は少ないと思いますので これから一緒にその違いについて見て行きましょう。

 

 

【eat】

 

eatの持ってる意味は「食べる」になります。

日本語で言う「食べる」と言うダイレクトな言い方がこの eat に当てはまります。

ご飯を食べてる、アイスを食べてる、これから昼ごはんを食べる、この様な「食べる」と言う事に重きを置いてるのが eat です。

ですが、意味的には eat も have も同じなのでどちらで言っても通じますし大丈夫です。

 

Let's eat lunch.

Let's have lunch.

2つとも(昼食を食べよう)で間違いではないですが、eatの方が、個人的には1人で食べると言ったニュアンスが強い気がします。

先ほども言った様に、eatは「食べる」と言う事に重きを置いてるのでもしも誰かと食事をして過ごすのであればhaveを使った方がより良いと思います。

 

例)

I eat bread every morning.

(僕は毎朝パンを食べてるよ)

 

I'm on a diet right now so I'm not eating any sweet.

(今はダイエット中だから、甘いものは食べてないよ)

 

I'm very hungry because I didn't eat anything last night.

(昨日の夜何も食べてないから、めっちゃお腹減ったな)

 

 

【have】

 

haveの持ってる意味も、「食べる」です。

「食べる」と言う意味は、eatと同じなんですがhaveはどちらかと言うと日本語の「摂る」がしっくり来ます。

eatのダイレクトな「食べる」よりかhaveの「摂る」の方が少し柔らかいイメージがありますね。

 

例)

Let's have lunch with me.

(一緒に昼食摂ろうよ)

 

I didn't have breakfast because I had a headache.

(頭が痛かったから朝食は摂らなかったよ)

 

Would you like to have dinner with me tonight?

(今夜、僕と一緒に夕食でもどう?)

 

まとめ

 

eat も haveも、「食べる」と言った意味がある言葉でどちらを使っても意味は通じますし間違いではありません。

ただ、今回ご紹介した様な意味があるんだと言う事だけでも分かって頂けたらなと思います。

 

*公式LINE@限定で英語学習に関する無料プレゼント【PDF全18ページ】を配布しております(=^ェ^=)

ご興味のある方は、是非ご登録していただいて【プレゼント希望】とメッセージをしてください。

ご登録お待ちしております。

フォローする
  • この記事を書いた人
torakichi

とらきち

名前:とらきち(ニックネーム) 出身:東京都 初めまして、とらきちと申します!! 独学で英語を学んで4年の月日が経ちました。 今は、インターネットを使って僕が学んで来た英語の知識だったり勉強方法などを僕なりに分かりやすく解説して発信しております。 これから、英語を学ぼうと考えてる方や英語初心者の方なんかが挫折せずに続けて行ける様に色々とお伝えして行こうと思っております。 僕は英語が出来る様になってから、人生が大きく変わりました!! 英語は楽しんで学ぶからこそ、長く続けて行けると思ってます。 勉強がなかなか続かない方、無理して覚えようとしないで自分なりに「小さくて近い目標」を作ってまずはその目標に向かって続けてみてください。 続けてれば間違いなく英語力は上がって行きます!! 諦めずに頑張って行きましょう!! PS. 僕のLINE@で期間限定で無料でプレゼントをお渡ししております(*^^*) 英語がなかなか上達しない、勉強が続かないと思ってらっしゃる方は是非ご登録頂いてプレゼントを受け取ってください。 お待ちしております(*^^*) 最後に、 『明けない夜はありません』

-「eat」vs「have」
-, ,

Copyright© Torakichi English Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.