「had better」~した方がいい!!

『had better~』~した方がいい!! ゼロから英語学習!!

 

 

どうも!!

とらきちです!!

今日は、日本語で(~した方がいい)と言う意味の 『had better』についてお話しして行こうと思います。

 

(~した方がいい)と言う意味の言葉は、他にもありますが今日は『had better』だけについて一緒に見て行きましょう。

 

 

《had better》

 

had betterの意味は、(~した方がいい)です。

この had better の日本語訳の(~した方がいい)って聞くどんなイメージを思い浮かべますか?

雰囲気的に、柔らかいイメージがしませんか?

実はこれ日本語訳のワナなんです。

確かに had better の意味は、(~した方がいい)なんですが実はとっても強いニュアンスがあって

~した方がいい(じゃないと...マズイよ)の様なプラスされたニュアンスがあるんです。

 

You had better sleep until the fever goes down.

(熱が下がるまで寝てた方がいいよ)

 

上の文では had better を使ってるので、(熱が下がるまで寝てないともっと酷い事になるよ)的なニュアンスになるんです。

なので、単にアドバイス的に言いたい場合は had betterではなくてshouldなんかを使った方がいいでしょう。

 

You had better study more English,if you study abroad.

(留学したいんだったら、もっと英語の勉強しなきゃダメだよ)

 

 

You had better go to the dentist,if you have a toothache.

(歯が痛いなら、歯医者に行きなよ)

 

 

《had better》 否定文の場合

 

had betterを使って否定文を作る場合は、had better not と言う形にします。

 

You had better not tell that secret story.

(その秘密の話は、言わない方がいいって)

 

 

You had better not go there.

(そこには行くべきじゃないね)

 



まとめ

 

had better は(~した方がいい)と言う意味の言葉ですが、プラスして(じゃないとマズイ)とか(大変な事になる)みたいな強いニュアンスがある言葉だと言う事をしっかり覚えておきましょう。

 

*僕の公式LINE@限定で英語学習に関するプレゼント【PDF全18ページ】を無料でお渡ししております(=^ェ^=)

ご興味のある方は、是非ご登録していただいて【プレゼント希望】とメッセージをしてください。

ご登録お待ちしております。

フォローする
  • この記事を書いた人
torakichi

とらきち

名前:とらきち(ニックネーム) 出身:東京都 初めまして、とらきちと申します!! 独学で英語を学んで4年の月日が経ちました。 今は、インターネットを使って僕が学んで来た英語の知識だったり勉強方法などを僕なりに分かりやすく解説して発信しております。 これから、英語を学ぼうと考えてる方や英語初心者の方なんかが挫折せずに続けて行ける様に色々とお伝えして行こうと思っております。 僕は英語が出来る様になってから、人生が大きく変わりました!! 英語は楽しんで学ぶからこそ、長く続けて行けると思ってます。 勉強がなかなか続かない方、無理して覚えようとしないで自分なりに「小さくて近い目標」を作ってまずはその目標に向かって続けてみてください。 続けてれば間違いなく英語力は上がって行きます!! 諦めずに頑張って行きましょう!! PS. 僕のLINE@で期間限定で無料でプレゼントをお渡ししております(*^^*) 英語がなかなか上達しない、勉強が続かないと思ってらっしゃる方は是非ご登録頂いてプレゼントを受け取ってください。 お待ちしております(*^^*) 最後に、 『明けない夜はありません』

-「had better」~した方がいい!!
-,

Copyright© Torakichi English Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.