「big」vs「large」

『big』と『large』の違いはなに? ゼロから英語学習!!

 

どうも!!

とらきちです!!

今日は、(大きい)を意味する言葉の『big』と『large』の違いについてご紹介して行こうと思います。

 

 

〈大きい〉を表す言葉big / large、でもその違いについて知らない人も多いのではないだろうか?

なので、これからその違いについて一緒に見て行きましょう!!

 

【Big】

 

Bigの持つ意味は〈大きい〉で、主観的な意味が込められています。

主観的に見て〈大きい〉なので、客観的に見ても大きいのかどうかは別だと考えてください。

例えば、ドリンクのサイズなんかは『big』と表記されてる事よりも『large』と表記されている事が殆んどだと思います。

理由は、主観的に見た〈大きい〉ではなく客観的に見た〈大きい〉を表示しているからです。

 

big=物質的な〈大きい〉+ 感覚的な〈大きい〉だと覚えておきましょう。

そしてbigの対義語は、littleになります。

以前、littleとsmallについて書いた記事がございますので良かったらそちらの記事も見てみてください。

 

I made a big mistake at work.

(仕事で重大なミスをしてしまった)

 

These shoes are too big for me.

(この靴は、僕には大き過ぎるよ)

 

My father is a big man.

(親父は大男です)

 

【Large】

 

Largeが持つ意味は〈大きい〉になり、客観的な大きいを差す場合に使われます。

なので、サイズや面積などの大きさを表す時に使ったりするのがこの『large』になります。

ドリンクのサイズも『large』と表記されている事が多く、これは客観的に見て普通よりも大きいサイズだから『large』となる訳ですね。

他にも、お店にあるズボンや服の大きさも客観的に見て大きい物だからlarge / L サイズと表記されている訳です。

 

I want to do workout in a large place.

(広い場所で筋トレしたいよ)

 

I need a large amount of money.

(多額のお金が必要なんだ)

 

It's hot so let's order a large coke.

(暑いからサイズの大きいコーラを頼もうよ)

 



まとめ

 

Big / Large

どちらも〈大きい〉を表す言葉ですが、

自分が見て〈大きい〉のか、客観的に見て〈大きい〉のかで使い別ける必要があるんだって事を覚えて頂けたらいいかなと思います。

 

*公式LINE@限定で英語学習に関する無料プレゼント【PDF全18ページ】を配布しております(=^ェ^=)

ご興味のある方は、是非ご登録していただいて【プレゼント希望】とメッセージをしてください。

ご登録お待ちしております。

 

フォローする
  • この記事を書いた人
torakichi

とらきち

名前:とらきち(ニックネーム) 出身:東京都 初めまして、とらきちと申します!! 独学で英語を学んで4年の月日が経ちました。 今は、インターネットを使って僕が学んで来た英語の知識だったり勉強方法などを僕なりに分かりやすく解説して発信しております。 これから、英語を学ぼうと考えてる方や英語初心者の方なんかが挫折せずに続けて行ける様に色々とお伝えして行こうと思っております。 僕は英語が出来る様になってから、人生が大きく変わりました!! 英語は楽しんで学ぶからこそ、長く続けて行けると思ってます。 勉強がなかなか続かない方、無理して覚えようとしないで自分なりに「小さくて近い目標」を作ってまずはその目標に向かって続けてみてください。 続けてれば間違いなく英語力は上がって行きます!! 諦めずに頑張って行きましょう!! PS. 僕のLINE@で期間限定で無料でプレゼントをお渡ししております(*^^*) 英語がなかなか上達しない、勉強が続かないと思ってらっしゃる方は是非ご登録頂いてプレゼントを受け取ってください。 お待ちしております(*^^*) 最後に、 『明けない夜はありません』

-「big」vs「large」
-, ,

Copyright© Torakichi English Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.