『Hear』vs『Listen』

『Hear』と『Listen』の違いとは? 毎日英語学習!!

 

どうも!!

こんにちは、とらきちです!!

今日は、【聞く】を意味する『hear』『listen』の違いについてご紹介して行こうと思います。

 

『hear』

 

まず『hear』について、

hearの意味は、(~が聞こえる)です。

・音楽が聞こえる

・話声が聞こえる

・音が聞こえる

など、自然と聞こえてきた事に対して使うのがこの『hear』になります。

意識したり集中していて聞こえた訳ではないって事ですね。

 

電話なんかで相手に 〈聞こえる?〉って言う時も

Can you hear me? と言ったりします。

 

I heard footsteps outside.

(外で足音が聞こえたよ)

 

I can hear someone's voice.

(誰かの声が聞こえるよ)

 

I heard that story before.

(その話は、以前も聞いたよ)

 

『listen』

 

続いて『listen』について、

listenの意味は、(~が聴こえる)です。

(聴こえる)って意味については、hearと同じです。

ただ、hearとの違いは(意識して)聴いてる・聴こうとしてるです。

listenには、音や話しに対して集中して(聴いてる)と言ったニュアンスがあり自然と耳に入るhearの(聞こえた)とは少し意味が違って来ます。

これ等の違いをしっかりと理解出来れば、リスニングや英会話の時にもちゃんとニュアンスまで知れるので是非覚えておいてください。

それでは、少し例文を見て行きましょう。

 

I'm listening to music.

(音楽を聴いてます)

 

Listen to me!!

(私の話を聞いて!!)

 

I often listen to scary stories on cd in summer.

(私は良く夏になると、cdで怖い話を聴いてます)

 

I like listening to American music.

(アメリカの音楽を聴くのが好きです)

 

Did you hear his story?

(彼の話しちゃんと聞いてた?)



まとめ

 

『Hear』と『Listen』

同じ聞こえるでも、どんな風に聞いてるかって言うので使い分ける事が必要なので日頃の生活の中でも少し意識して見ると感覚が掴めてくると思いますので試してみてください。

 

*公式LINE@限定で英語学習に関する無料プレゼントを配布しております(=^ェ^=)

ご興味のある方は、是非ご登録していただいて【プレゼント希望】とメッセージをしてください。

ご登録お待ちしております。

フォローする
  • この記事を書いた人
torakichi

とらきち

名前:とらきち(ニックネーム) 出身:東京都 初めまして、とらきちと申します!! 独学で英語を学んで4年の月日が経ちました。 今は、インターネットを使って僕が学んで来た英語の知識だったり勉強方法などを僕なりに分かりやすく解説して発信しております。 これから、英語を学ぼうと考えてる方や英語初心者の方なんかが挫折せずに続けて行ける様に色々とお伝えして行こうと思っております。 僕は英語が出来る様になってから、人生が大きく変わりました!! 英語は楽しんで学ぶからこそ、長く続けて行けると思ってます。 勉強がなかなか続かない方、無理して覚えようとしないで自分なりに「小さくて近い目標」を作ってまずはその目標に向かって続けてみてください。 続けてれば間違いなく英語力は上がって行きます!! 諦めずに頑張って行きましょう!! PS. 僕のLINE@で期間限定で無料でプレゼントをお渡ししております(*^^*) 英語がなかなか上達しない、勉強が続かないと思ってらっしゃる方は是非ご登録頂いてプレゼントを受け取ってください。 お待ちしております(*^^*) 最後に、 『明けない夜はありません』

-『Hear』vs『Listen』
-, ,

Copyright© Torakichi English Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.