Anybody+Anyoneの意味は?

Anybody+Anyoneの意味。



こんにちは、とらきちです!

 

今日は、【Anybody】と【Anyone】の違いと意味についてご紹介して行こうと思います。

 

Anybody / Anyone

 

【Anybody】と【Anyone】の意味は、(誰か)です!!

 

前回の記事でお伝えした、『Somebody』と『Someone』と同じです。

 

では、その違いとは一体なんなのか?

 

それは、この【誰か】が不特定多数だと言う事です。

 

そう、この不特定多数の中の(誰か)に対してAnybody+Anyoneを使う事が出来ます!!

 

Somebody(Someone),Anybody(Anyone)ともう1つ"Nobody(No one)"と言う言葉がありますが

 

このNobody(No one)も言葉自体が似ているので混乱しそうですが、Nobodyの意味は【誰も〜ない】です。

 

なので、もともと否定的な意味が込められてるので"not"を付けたりはしません。

 

"The house is empty.""Nobody lives there."

(その家は空っぽです)(そこには誰も住んでいない)

 

こんな感じで、notを使わずに否定文を作る事が出来ます。

 

では、Anybody(Anyone)の例文を少し見て行きましょう。

 

(例文)

 

There isn't anybody in the room.

(部屋に誰もいない)

 

Is anybody there?

(そこに誰かいる?)

 

Is anybody home?

(誰か家にいる?)

 

I’m not looking for anyone.

(誰も探してない)

 

I don't have anybody to talk to.

(誰にも話せない)



Anybody (Anyone)=不特定多数の中の【誰か】に対して使う言葉だと覚えておきましょう!!

Ps.

英語学習に関する情報を発信していて、LINE@限定で無料プレゼントも配布してます(=^ェ^=)

ご登録お待ちしております。

フォローする
  • この記事を書いた人
torakichi

とらきち

名前:とらきち(ニックネーム) 出身:東京都 初めまして、とらきちと申します!! 独学で英語を学んで4年の月日が経ちました。 今は、インターネットを使って僕が学んで来た英語の知識だったり勉強方法などを僕なりに分かりやすく解説して発信しております。 これから、英語を学ぼうと考えてる方や英語初心者の方なんかが挫折せずに続けて行ける様に色々とお伝えして行こうと思っております。 僕は英語が出来る様になってから、人生が大きく変わりました!! 英語は楽しんで学ぶからこそ、長く続けて行けると思ってます。 勉強がなかなか続かない方、無理して覚えようとしないで自分なりに「小さくて近い目標」を作ってまずはその目標に向かって続けてみてください。 続けてれば間違いなく英語力は上がって行きます!! 諦めずに頑張って行きましょう!! PS. 僕のLINE@で期間限定で無料でプレゼントをお渡ししております(*^^*) 英語がなかなか上達しない、勉強が続かないと思ってらっしゃる方は是非ご登録頂いてプレゼントを受け取ってください。 お待ちしております(*^^*) 最後に、 『明けない夜はありません』

-Anybody+Anyoneの意味は?
-,

Copyright© Torakichi English Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.