『must』〜しなければならない。

『must』〜しなければならない!!『must』が持つニュアンスや使い方についてご紹介します。



こんにちは、とらきちです!

 

今日は、(〜しなければならない)と言う意味の『must』についてご紹介して行こうと思います。

 

『must』〜しなければならない

 

この(〜しなければならない)(〜すべき)と言う意味を持つ助動詞の『must』。

 

『must』には、(〜しなければならない)(〜すべき)と言う話し手の強い意志確信があります。

 

(〜しなければならない)(〜すべき)と言う意味を持つ言葉で、他にも『have to』や『should』がありますが

 

『have to』や『should』よりも、(〜しなければならない)(〜すべき)感が強いのがこの『must』です!!

 

例えるなら、お母さんが子供に明日も学校なんだから早く寝なさい!と言う時にこの『must』を使って言うイメージです。

『You must go to sleep early!!』

と言う様な感じです。

 

『must』は助動詞ですので、『must』を使う時はその後に来る動詞の形は原形になります。

 

You must go to sleep early.

 

そして、『I must〜』で(私はする必要がある)と言う意味になります。



少し例文を見て行きましょう!!

(例文)

I’m hungry.I must eat something!!

(お腹空いたな、何か食べなきゃ!!)

I must go shopping!!

(買い物行かなきゃ!!)

My hands are dirty so I must wash them.

(手が汚れちゃった、洗わないと)

 

『must』の否定文

 

mustを使った否定文なら、must+notの形になります。

 

must+notで、(する必要がない)(するべきではない)(間違ったこと)の様な意味やニュアンスになります。

 

I must’t be late.

(遅れられない)(遅れちゃいけない)

 

I must’t forget to phone Keri.

(ケリーに電話すんの忘れちゃいけない)

(覚えてないといけない)

 

You must’t touch the car.

(車に触っちゃいけない)

 

I must’t forget to buy her a present.

(彼女のプレゼントを買うのを忘れてはいけない)(忘れられない)

 

まとめ

 

(〜しなければならない)(〜すべき)と言う意味を持つ『must』には強い意志や話し手の確信度の高さがありますので

『have to』や『should』よりも強調して言いたい時には『must』を使う様にしましょう!!


Ps.

これから、英語学習を始めたいと考えてる方はこちらからLINE@にご登録ください。

英語学習に関する情報を発信していて、LINE@限定で無料プレゼントも配布しております(=^ェ^=)

 

 

フォローする
  • この記事を書いた人
torakichi

とらきち

名前:とらきち(ニックネーム) 出身:東京都 初めまして、とらきちと申します!! 独学で英語を学んで4年の月日が経ちました。 今は、インターネットを使って僕が学んで来た英語の知識だったり勉強方法などを僕なりに分かりやすく解説して発信しております。 これから、英語を学ぼうと考えてる方や英語初心者の方なんかが挫折せずに続けて行ける様に色々とお伝えして行こうと思っております。 僕は英語が出来る様になってから、人生が大きく変わりました!! 英語は楽しんで学ぶからこそ、長く続けて行けると思ってます。 勉強がなかなか続かない方、無理して覚えようとしないで自分なりに「小さくて近い目標」を作ってまずはその目標に向かって続けてみてください。 続けてれば間違いなく英語力は上がって行きます!! 諦めずに頑張って行きましょう!! PS. 僕のLINE@で期間限定で無料でプレゼントをお渡ししております(*^^*) 英語がなかなか上達しない、勉強が続かないと思ってらっしゃる方は是非ご登録頂いてプレゼントを受け取ってください。 お待ちしております(*^^*) 最後に、 『明けない夜はありません』

-『must』〜しなければならない。
-,

Copyright© Torakichi English Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.