1人旅にオススメな東北の宿

すっぽんのフルコース料理を楽しめる宿、萬鷹旅館(岩手県)

 

 

こんにちは! とらきちです!

 

今回は、岩手県和賀郡西和賀町にある【すっぽんのフルコース料理を堪能出来る宿】萬鷹旅館についてご紹介して行きたいと思います。



ここの旅館は、湯川温泉簡易郵便局の側にある宿で客室が全5室の小規模旅館となっております。

 

客室は、全5室しかないと言う事で宿泊当日は僕1人だけでした。

 

お部屋

 

 

用意されたお部屋は、『やまゆりの間』と言うお部屋でした。

 

室内はこんな感じです

 

広さは普通で、到着時は暖房も入れてあったので暖かかったです。

因みに、お部屋は2Fでした。

部屋に灰皿も置いてあったので、喫煙も可能です。

周りにバス停以外何もないので、とても静かでしたね。

 

温泉

 

脱衣場はこんな感じです。

 

 

広くはないですが、小規模旅館なのでこんなもんだと思います。

 

 

お風呂はこんな感じです。

 

 

お風呂は、1ヵ所のみで小さめでした。

因みに、入り口のドアノブに札を掛ければ貸し切りで入れます。

今回は、宿泊客が僕1人だった為札を掛けずに入りました。

温泉は少し熱かったです。なので、水を足しながら入りました。

特に匂いも感じ無かったです。

冬の温泉は最高ですね!!

 

 

晩御飯

 

晩御飯は、宿泊部屋のすぐ隣にある部屋で個室食でした。

普通の部屋なので、完全な個室でTVもありました。

 

 

 

ストーブもあったので、暖かかったですね。

あと、ここの食事部屋にも灰皿があって喫煙可能でした。

 

今回は、すっぽんのフルコース料理と言うプランを選んだので量もかなりあって順番に運んできてくれました。

 

 

 

鍋には、亀1匹丸々入ってましたよ 笑

 

すっぽんのお刺身です!

 

ここにもすっぽんが入ってました!

 

日本酒の中に心臓がそのまま入ってて、噛まずに飲み込むそうです。

 

 

 

 

刺身や唐揚げも全てすっぽん料理で、生まれて初めてここですっぽん料理を食べたのでめっちゃ感動しましたね。

いやぁー、フルコースプランにして良かった!!

食後のデザートもありました 笑

 

ただ、とにかく量が半端じゃなく多くて少し残してしまいました。

鍋に関しては、食べきれなかったので次の日の朝食にまた出して頂けるとの事だったのでそうして頂きました。

 

館内の様子

 

こちらは1Fの休憩スペースですね。

 

他にお客さんも居なかったので、ホント静かでしたよ。

 

 

洗面所は、階段上がってすぐの所にあります。

 

お風呂も貸し切りでしたし、食事は静かな個室でゆっくり食べれるし1人旅には文句なしですね。

 

朝食

 

朝食も、夕食時と同じお部屋での食事でした。

 

夕食の時に残してしまった鍋にご飯を入れて出して頂きました。

朝食もお腹いっぱい食べれて大満足です。

 

食後のお風呂も気持ち良かったですよ!

 

 

帰りに、夕食時に食べたすっぽんのこうらを袋に入れて記念にとプレゼントして頂きました!

いい思い出になりましたね。

 

料金

 

料金ですが、すっぽんフルコースプランの場合だと\14,620(税込み)です。

少し高めですが、様々なすっぽん料理を堪能する事が出来ますのでご興味のある方は是非1度訪れてはいかがでしょうか?



フォローする
  • この記事を書いた人
torakichi

とらきち

名前:とらきち(ニックネーム) 出身:東京都 初めまして、とらきちと申します!! 独学で英語を学んで4年の月日が経ちました。 今は、インターネットを使って僕が学んで来た英語の知識だったり勉強方法などを僕なりに分かりやすく解説して発信しております。 これから、英語を学ぼうと考えてる方や英語初心者の方なんかが挫折せずに続けて行ける様に色々とお伝えして行こうと思っております。 僕は英語が出来る様になってから、人生が大きく変わりました!! 英語は楽しんで学ぶからこそ、長く続けて行けると思ってます。 勉強がなかなか続かない方、無理して覚えようとしないで自分なりに「小さくて近い目標」を作ってまずはその目標に向かって続けてみてください。 続けてれば間違いなく英語力は上がって行きます!! 諦めずに頑張って行きましょう!! PS. 僕のLINE@で期間限定で無料でプレゼントをお渡ししております(*^^*) 英語がなかなか上達しない、勉強が続かないと思ってらっしゃる方は是非ご登録頂いてプレゼントを受け取ってください。 お待ちしております(*^^*) 最後に、 『明けない夜はありません』

-1人旅にオススメな東北の宿
-

Copyright© Torakichi English Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.